· 

インターン日記④~萩森くん卒業編~

4月から始まった街づくりセンターでのインターンが8月22日で終了しました。

毎日、色々な働き方、生き方をしている人たちとの出会いがあり、刺激的な毎日を送ることができた七尾生活。

能登半島七尾移住計画のwebライター。イベントの企画・運営。事業承継支援。不動産管理事業のスタートアップ。色々なことに関わることができました。

そしてこの4か月間は、自分の人生や哲学、ミッションを何度も考える時間であり、人との対話から学ぶ時間でもありました。

ぼくの街づくりセンターでのメインミッションは「七尾のアイドルをつくる」こと。

七尾でもオモシロいことができる、そんな想いを発信するために、七尾でオモシロい生き方をしている人たちへの取材やヒアリングを通して、七尾に必要なアイドル像を探りました。

事業承継支援は、街センが今最も力を入れて取り組んでいる事業。七尾で出会った個人事業主の皆さんは、みんな熱い気持ちを持った人たちばかりでした。真に承継していくべきことは、その人の想い。単純な後継者不足という問題ではないことに気づきました。

能登半島七尾移住計画では、主にHPのライターを担当。まさに「七尾のアイドル」かのような魅力たっぷりの移住者の皆さんや地域の人々に、ひたすらインタビューする日々を送った時期も。最初は不慣れだった記事制作も、終盤になると慣れてきて、ヒトやモノの魅力を誰かに伝えることの難しさや楽しさを感じることができました。

みんなの"やってみたい"という想いが実現した『廃校中in高階小』。多くの方のご協力のおかげで、本当に楽しいイベントを作り上げることができました。(コミットし過ぎた分、街センには相当なご迷惑をかけました。申し訳ありませんでした笑)

他にも関わらせて頂いた全てのことが、面白くて、楽しくて、あっという間の4ヶ月間になりました。

七尾に来るまでは、単なる自分のスキルアップの時間になると想像していた時間が、終わってみれば、考えもしなかった人・コミュニティとの繋がりや想定外の経験ばかりの日々に。その中で、自分の強みや弱みを改めて知り、何が足りないかはっきりと自覚できました。

そして、信念を持ってチャレンジする人たちと仕事を共にすることが、何よりの喜びであり幸せでした。

街センで仕事ができたことに、心から感謝しています。

七尾市の皆様、本当にありがとうございました。また必ず帰ります。

萩森春弥